ヤッピータレントブック

上野由岐子のプロフィール

掲載リクエスト

上野由岐子の詳細情報

上野由岐子の画像

上野由岐子

読み仮名 うえのゆきこ
タレントジャンル ソフトボール選手
誕生日 1982年07月22日(年齢39歳)
血液型 -

上野由岐子について

上野由岐子は福岡県福岡市出身のソフトボール選手(投手)である。
2004年アテネオリンピック銅メダリスト、2008年北京オリンピック金メダリスト。九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)出身、ビックカメラ女子ソフトボール高崎所属。身長173cm。

小学校3年生からソフトボールを始め、ピッチャーとして活躍。小学校で県大会優勝、柏原中学校で全国制覇。九州女子高等学校2年の時最年少で参加した1999年世界ジュニア選手権で優勝に貢献。

2000年のシドニーオリンピック候補にも名前が挙がったが、腰椎の骨折でシドニー行きを断念。
2001年に高校を卒業後、日立高崎ソフトボール部(現・ルネサステクノロジ高崎事業所女子ソフトボール部)に入部。史上初の2試合連続完全試合を達成し、2001年の新人王に選ばれた。実業団入りと同時に代表チームにも招集され、シドニー世代の石川多映子、増淵まり子に代わって代表のエースとしても活躍を始める。アテネ五輪直前のジャパンカップではアメリカ戦でノーヒットノーランを達成した。

2004年のアテネオリンピックではオリンピック史上初の完全試合を含め3勝をあげたが、銅メダルに終わる。
2006年に北京で開催された世界選手権では準決勝で世界一のアメリカを封じ込めたものの決勝では逆にKOされ、惜しくも銀メダルだった。

2008年8月、北京オリンピックで球技としては1976年モントリオールオリンピックの女子バレーボール以来となる日本の金メダルに大きく貢献した。

2009年10月18日日本リーグ山口大会で時速120kmを超えるストレートを連発し、MAX121kmで自己最速/世界最速を記録した。

上野由岐子の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ