ヤッピータレントブック

幸田浩子のプロフィール

掲載リクエスト

幸田浩子の詳細情報

幸田浩子の画像

幸田浩子

読み仮名 こうだひろこ
タレントジャンル ソプラノ歌手
誕生日 -
血液型 -

幸田浩子について

幸田浩子はソプラノ歌手である。その磨かれた美声と豊かな表現力、卓越したテクニック、とりわけコロラトゥーラの技巧により高く評価されている。二期会会員。
姉はヴァイオリニストの幸田聡子。
大阪府豊中市の生まれ。音楽への理解と造詣の深い両親のもとで育った。

1997年、東京芸術大学声楽科を首席で卒業。同大学院修了。後にオペラ研修所の第11期を修了する。
文化庁派遣芸術家在外研修員の資格を得てイタリア・ボローニャへ2年間研修留学。2000年にウィーン・フォルクスオーパーと2年間の専属契約を結んだ。
2004年5月、宮本亜門演出のミュージカル、バーンスタイン作『キャンディード』にクネゴンデ役で出演した。
2000年代の前半にドイツのアルテ・ノーヴァから発売されたグスタフ・クーンのいくつかの録音(ロッシーニ『ブルスキーノ氏』やモーツァルト『レクイエム』、リヒャルト・ワーグナー『ニーベルンゲンの指輪』など)に参加した。
2008年2月、コロムビアミュージックエンタテインメントから初のソロ・アルバム『モーツァルト・アリア集』が発売された。4月には紀尾井ホールでNHK交響楽団の主要メンバーとの共演によるリサイタルを開催、6月には東京二期会による『ナクソス島のアリアドネ』(リヒャルト・シュトラウス)でツェルビネッタ役を演じ好評を博した。こうした活動を評価され、8月に第38回エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞を受賞した。

幸田浩子に関する動画

他の動画も見る(50)

幸田浩子に関するブログ記事

2019/04/19
バイノーラルマイクロホンで AUTO EQ
DEQ2496 の RTA にバイノーラルマイクロホンを接続して AUTO EQ を実行してみた。かなり大胆な EQ になっているが試聴してみると、歪み感は抑え ...
rdsig.yahoo.co.jp

2019/04/18
AUTO EQ も良い
スピーカーを交換したので改めて DEQ2496 の AUTO EQ を試してみた。左右の差が結構あるが、試聴するとなかなか良い。特にボーカルは自然な感じがする。 ...
rdsig.yahoo.co.jp

2019/04/13
最後は耳で調整
バイノーラルマイクロホンで測定調整すると歪み感の少ないところが見つかった。4kHzと6kHzの左右のバランスが重要である事が分かった。ただし、バイノーラルマイク ...
rdsig.yahoo.co.jp

ブログ記事をもっと見る(10)

幸田浩子の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ