ヤッピータレントブック

若尾文子のプロフィール

掲載リクエスト

若尾文子の詳細情報

若尾文子の画像

若尾文子

読み仮名 わかおあやこ
タレントジャンル 女優
誕生日 1933年11月08日(年齢88歳)
血液型 -

若尾文子について

若尾文子は女優である。亡夫は建築家の黒川紀章。義弟は黒川雅之、その妻は加藤タキ。

帰京後の1951年に大映の第5期ニューフェイスとして映画界入り。
1952年、急病で倒れた久我美子の代役として、小石栄一監督の『死の町を脱れて』で映画デビュー。翌1953年に映画『十代の性典』がヒット。同年の映画『祇園囃子』(1953年)では溝口健二監督に起用され、女優としての実力を発揮した。以降、日本を代表する美人映画女優の一人となり、160本以上の映画に出演した。

1963年にデザイナーと結婚したが1969年に離婚。1983年に黒川紀章と再婚。

若尾文子の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ