ヤッピータレントブック

末續慎吾のプロフィール

掲載リクエスト

末續慎吾の詳細情報

末續慎吾の画像

末續慎吾

読み仮名 すえつぐしんご
タレントジャンル 陸上選手
誕生日 1980年06月02日(年齢40歳)
血液型 -

末續慎吾について

末續慎吾は短距離陸上選手である。熊本陸上競技協会所属。熊本県熊本市出身。末続慎吾ではなく末續慎吾。

東海大学で高野進の指導を受ける。高野が日本人の体格に合わせて構築した走法を完成させ、世界陸上2003年パリ大会の200mで3位となった。日本人でこの種目のメダル獲得は初めて。また、2006年のアジア大会の200mで2連覇するなどし、全盛期にはパトリック・ジョンソンとともに、「現役世界最速の非ネグロイド」とも言われた。

2008年8月22日の北京オリンピック男子4x100mリレー決勝では第2走者として激走、オリンピックにおける日本男子トラック種目で初の銅メダル獲得に貢献した。

400mは練習の一環として取り組むが、学生時代には関東学生陸上競技対校選手権大会の4×400mリレー決勝で、東海大学のアンカーとして走り、44秒7のラップタイムで走った。
2015年3月31日付でミズノを退社。4月1日からは熊本陸上競技協会所属で、東京と熊本を拠点に競技を続けていく。

サッカー選手の松本憲は従弟にあたる。

末續慎吾に関する動画

他の動画も見る(50)

末續慎吾の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ