ヤッピータレントブック

東野圭吾のプロフィール

掲載リクエスト

東野圭吾の詳細情報

東野圭吾の画像

東野圭吾

読み仮名 ひがしのけいご
タレントジャンル 小説家
誕生日 1958年02月04日(年齢60歳)
血液型 -

東野圭吾について

東野圭吾は大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)の小説家。本名同じ。

大阪府立阪南高等学校に入学し2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていない。
卒業後は一年間の浪人を経て、大阪府立大学工学部電気工学科に進学。大学在学中はアーチェリー部の主将を務め、デビュー作『放課後』でもアーチェリーが題材となっている。
その後1981年に日本電装株式会社(現デンソー)に技術者として入社。勤務の傍ら推理小説を書き、1983年に『人形たちの家』を第29回乱歩賞に応募する。結果は二次予選通過であった。この頃結婚。
1984年の第30回乱歩賞では、『魔球』が最終候補作にまで残るも落選。翌年1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせる。1986年には退職し、3月に上京。以後は、専業作家としての道を歩むこととなる。
ヒットに恵まれない厳しい時代が続いたが、1996年に『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』の3位になるなど、にわかに注目を集め、1998年に『秘密』を刊行すると、一気に大ブレイク。同書は映画化されたほか、第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞する。
以後2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞するなど着実に評価を高めてゆく一方で、作家版の長者番付でも上位に顔を出すようになるなど、人気作家の仲間入りを果たした。

東野圭吾に関する動画

他の動画も見る(50)

東野圭吾に関するブログ記事

2018/05/25
5/24
プレゼン見事教授に怒涛の質問ぜめを喰らいましたが命からがら逃げ切れました。相方が最後まで全然使えなくてどうしようもなくて、仕方ないから教授からの質問に全て自分が ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/05/24
読書
今朝、新聞を読んでいたら「万引き家族」っていう記事が出ててパソコンを見ると、柿谷美雨さんの「老後の資金がありません」っていう本が面白そうで購入しちゃいました。で ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/05/23
マスカレード・ナイト(集英社単行本)東野圭吾(著)
「マスカレード・ナイト(集英社単行本)東野圭吾(著)」を友人から借りて読み終えました。まず本の装丁が素晴らしい、仮面が良いですね。犯人は誰なのか?怪しい者が犯人 ...
rdsig.yahoo.co.jp

ブログ記事をもっと見る(10)

東野圭吾の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ