ヤッピータレントブック

佐伯泰英のプロフィール

掲載リクエスト

佐伯泰英の詳細情報

佐伯泰英の画像

佐伯泰英

読み仮名 さえきやすひで
タレントジャンル 小説家
誕生日 1942年02月14日(年齢76歳)
血液型 -

佐伯泰英について

佐伯泰英は小説家、写真家である。福岡県北九州市八幡西区生まれ。日本大学藝術学部映画学科卒。

1971年より1974年までスペインに滞在。のち、スペインと闘牛を題材にしたノンフィクション『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』と『闘牛はなぜ殺されるか』、小説『ゲルニカに死す』を発表。スペインや南米など、スペイン語圏を舞台にした冒険小説や国際謀略小説を中心に良質のミステリー小説を数多く執筆するが、日本人になじみの薄い土地を舞台にしたせいか思うように売れず、ヒットに恵まれないまま1998年頃には仕事の依頼が激減。当時執筆していた「犯罪通訳官アンナ」シリーズ(文庫化に際して「警視庁国際捜査班」シリーズと改題)打ち切りの宣告も受け、作家廃業寸前の窮地に立たされた。この時、編集者から時代小説か官能小説の執筆を勧められたこともあり、作家として生き残りを図るべく、時代小説への転身を決断する。

1999年、初の書き下ろし時代小説『瑠璃の寺』(文庫化の際に『悲愁の剣』に改題)を角川春樹事務所より発表。発売1週間で重版がかかるヒットとなる。以後、「密命」シリーズをはじめ、数々の人気シリーズをかかえ、「月刊佐伯」の異名をとるほどのハイペース(ほぼ20日で文庫1冊分を書きおろしているという)で作品を発表する人気時代小説作家となる。

佐伯泰英に関する動画

他の動画も見る(50)

佐伯泰英に関するブログ記事

2018/10/18
「新・酔いどれ小籐次(六)らくだ」佐伯泰英(文春文庫)
本作は、異国からの「らくだ」にまつわる物語です。とはいっても、いろんな話が今までの流れの中で展開して行きます。ほのぼのとした人情の中に数々のドラマが用意されてい ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/10/16
『妻はくノ一』シリーズ読了風野真知雄著
『姫は三十一』の平戸藩元藩主、松浦静山に関わるシリーズです。このシリーズからスピンオフしたのが姫は三十一。徳川吉宗が、連れてきた御庭番の忍び軍団。ここに所属する ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/10/06
「新・酔いどれ小籐次(五)柳に風」佐伯泰英(文春文庫)
本書は、城中での陰謀の影響が小籐次に及んでしまう物語。小籐次は、凶悪な一家に狙われ対決を余儀なくされます。読売屋の空蔵が一味に囚われて話が展開していきます。集団 ...
rdsig.yahoo.co.jp

ブログ記事をもっと見る(10)

佐伯泰英の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ