ヤッピータレントブック

徳山昌守のプロフィール

掲載リクエスト

徳山昌守の詳細情報

徳山昌守の画像

徳山昌守

読み仮名 とくやままさもり
タレントジャンル プロボクサー
誕生日 1974年09月17日(年齢43歳)
血液型 O型

徳山昌守について

徳山昌守は1990年代 - 2000年代に日本を本拠として活躍したプロボクサー、WBC世界スーパーフライ級王者(2度獲得)である。在日朝鮮人3世。朝鮮民主主義人民共和国労力英雄・人民体育人・国旗勲章第1級。本名は洪昌守(ホン・チャンス)。東京都大田区出身。東京朝鮮高級学校卒業。

1994年9月19日、大阪府立体育会館でのジュニアバンタム級(現在のスーパーフライ級)4回戦、通名をリングネームとしてグリーンツダジムからプロデビュー。
1996年2月18日、171cmの長身を利したアウトボクシングで全日本フライ級新人王を獲得。その後、金沢ボクシングジムに移籍。
1998年12月19日、グリーンツダジム時代の先輩に当たる元世界2階級王者井岡弘樹を5回TKOに降し、世界ランク入り。
1999年9月17日、OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座獲得。その後、2度の防衛に成功する。
2000年8月27日、世界初挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者の?仁柱(韓国)に挑み、12回判定勝ちで王座奪取に成功した。その後、8度の防衛に成功。
2005年7月18日、1年以上のブランクを経た再起第1戦でいきなりの世界再挑戦。川嶋と3度目の対決となったこの試合では3-0の判定勝ち。前年の雪辱に成功し、王座奪還。
2006年2月27日、ホセ・ナバーロ(米国)を12回判定で降し、初防衛に成功。世界王座通算9回目の防衛となった。
2007年3月15日、JBCに引退届を提出。

徳山昌守に関する動画

他の動画も見る(50)

徳山昌守に関するブログ記事

2018/08/01
AG控え騒然となった日本のボクシング... 在日出身の会長不正判定+横領疑惑 スポーツソウル 7/31
AG控え騒然となった日本のボクシング... 在日出身の会長不正判定+横領疑惑 スポーツソウル ;7/31https://m.sports.naver.com/g ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/07/31
京口がミニマム級王座返上、Lフライで2階級制覇へ
q京口がミニマム級王座返上、Lフライで2階級制覇へボクシングIBF世界ミニマム級王者京口紘人(24=ワタナベ)が王座を返上し、ライトフライ級に上げて2階級制覇を ...
rdsig.yahoo.co.jp

2018/01/20
朝鮮総連が平昌五輪に大規模応援団か韓国は安全面など支援
朝鮮総連が平昌五輪に大規模応援団か韓国は安全面など支援http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/01/18/ ...
rdsig.yahoo.co.jp

ブログ記事をもっと見る(10)

徳山昌守の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ