ヤッピータレントブック

平尾昌晃のプロフィール

掲載リクエスト

平尾昌晃の詳細情報

平尾昌晃の画像

平尾昌晃

読み仮名 ひらおまさあき
タレントジャンル 作曲家
誕生日 1937年12月24日(年齢83歳)
血液型 O型

平尾昌晃について

平尾昌晃は作曲家、歌手である。幼少時にたびたび改名し、初期の芸名・昌章を経て、現在は現芸名を本名にしている。東京都牛込生まれであるが、敗戦後、神奈川県湘南に移住し、湘南学園で小中学時代を送る。

慶應義塾高等学校を中退後、ウエスタンの人気バンド『チャック・ワゴン・ボーイズ』に入る。しばらくして、『チャック・ワゴン・ボーイズ』はボーカルの小坂一也が脱退したため、『オールスターズ・ワゴン』となる。

1957年、ジャズ喫茶「テネシー」に出演していた際、ステージを見た渡辺プロの渡辺美佐と映画監督井上梅次に見初められ、同年に公開された石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演。自身としても、翌1958年1月、キングレコードより「リトル・ダーリン」でソロ・デビュー。その後、ミッキー・カーチス、山下敬二郎(後にこの2人は渡辺プロに所属する)と「ロカビリー三人男」として「日劇ウエスタンカーニバル」等で爆発的な大人気を博した。1958年には、キングレコードからオリジナルナンバーである「星は何でも知っている」、翌年には「ミヨちゃん」が大ヒット。

ロカビリーブームが去った1960年代半ば、北海道からじわじわ火がつき始めた「おもいで」で再ブレーク。「おもいで」は、渡辺プロの新人歌手だった布施明が再レコーディングし、これもヒットとなった。続けて、「霧の摩周湖」、「恋」、梓みちよ「渚のセニョリータ」などがヒット。「霧の摩周湖」、「渚のセニョリータ」では、第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。

平尾昌晃の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ