ヤッピータレントブック

中井広恵のプロフィール

掲載リクエスト

中井広恵の詳細情報

中井広恵の画像

中井広恵

読み仮名 なかいひろえ
タレントジャンル 女流棋士
誕生日 1969年06月24日(年齢53歳)
血液型 -

中井広恵について

中井広恵は女流棋士である。LPSA(日本女子プロ将棋協会)初代代表理事(2007年5月 - 2010年5月)。LPSA番号7。タイトル獲得数は歴代2位。クィーン名人。北海道稚内市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。本名は植山広恵、旧姓は中井。

1990年代から2000年代にかけて、女流棋界において長らく清水市代との二強時代を形成した。1993年の女流名人位戦から2007年の倉敷藤花戦までの全てのタイトル戦に、中井か清水のいずれかか両方が登場している。
2002年、清水に次いで女流六段に昇段。
2004年、清水と女流棋士同士では初めての百番指しを記録(100局までで中井の40勝60敗)。

2006年12月、女流棋士新法人設立準備委員会の委員長に就任。女流棋士団体の日本将棋連盟からの独立のために各方面との調整や支援者集めなどに駆け回り、その結果、2007年5月に日本女子プロ将棋協会が結成され、初代代表理事に就任した。
2014年1月23日、方針の違いで日本女子プロ将棋協会を退会。

1989年に将棋棋士で兄弟子の植山悦行と結婚し、3人の娘の母親でもある。

中井広恵の関連商品

Twitterではニュース・出演番組に合わせてツイートしています
Twitterhttps://twitter.com/yapy_talent
記事の一部はWikipediaより引用もしくは改変したものを掲載している場合があります。

ページトップへ